new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

ピナリー・サンピタック作品集 1985-2020 Pinaree Sanpitak 1985-2020

¥12,100 税込

送料についてはこちら

2021年、Serindia Publications 刊、ハードカバー、紙箱付、824ページ、27.3x19.4cm、英語 バンコクを拠点に国際的に活躍する現代アーティスト、ピナリー・サンピタックのこれまでの活動をまとめた初めてのモノグラフ。初期のコラージュ作品から昨年バンコクで開催された大規模な個展の模様まで、1985年から2020年までの35年間にわたる彼女の多彩な創作活動が、豊富な図版と共に収録されています。今や彼女の作品の代名詞となった「おっぱい」のをモチーフに表される様に、常に「身体性」を出発点としながら、絵画や彫刻から料理のプロジェクトやインタラクティブなインスタレーションに至るまで、多彩な展開を見せる彼女の作品世界が堪能できる一冊です。 筑波大学に留学経験のあるサンピタックは日本との縁も深く、最近では2019年の瀬戸内国際芸術祭に参加し本島にてプロジェクトを行うなど、これまでに日本でも多くの展示やプロジェクトを開催してきました。近年では欧米での展示の機会も増え、今後益々の活躍が期待されるアジア作家のひとりです。 テキストは南オーストラリア美術館ディレクターのラーナ・デヴェンポート、タイを代表するキュレータークリッティヤー・カーウィーウォンほか2名が執筆しています。また、表紙のモチーフ部分には刺繍が用いられるなど、デザイン的にも凝った作りになっています。 本書は出版元のSerindia Publicationsのサイトでも取り扱っていますので、そちらも併せてご利用ください。 https://serindia.com/products/pinaree?_pos=1&_sid=d5045d3df&_ss=r